リサイクル再資源化業務Recycle

企業方針ページタイトル

分別処理・リサイクル事業

様々な廃棄物の形態によりその処理方法は様々です。
圧縮、破砕など、最先端の技術を活かす最新鋭の設備を整え、限りある資源を有効に活用するための事業に積極的に取り組んでいます。
当社では、製紙工場及びセメント工場向けに産業廃棄物(廃プラスチック、紙くず、繊維くず等)を原料とした「フラフ化燃料」を製造しています。
フラフ化燃料とは、破砕(フラフ化)後、そのままプラスチックフィルムで圧縮梱包するスタイルの次世代の燃料です。


フラフ化燃料 製造の流れ


フラフ化燃料 製造設備のご紹介

リサイクル再資源化設備Machine

破砕機



水島リサイクルファームでは、総合選別ラインによって各種の廃棄物に分別します。
その中の廃プラスチック類は破砕して原料化・燃料化を行います。


大型圧縮機(ベーラー)



水島リサイクルファームでは、廃プラスチック・古紙等を大型圧縮機(ベーラー)にて圧縮して原料化を行います。


カン・ビン選別機



廃棄物として収集された不燃物等はビン・缶分別圧縮機にてそれぞれに分別圧縮後、アルミ・スチール・ビン・プラスチック素材として再生利用されます。

ページ上部へ戻る