産業廃棄物中間処理

企業方針ページタイトル

中間処理とは

産業廃棄物は、最終処分あるいはリサイクルしやすくするために、産業廃棄物の大きさを小さくしたり、 再利用できるものを取り分けたりする選別が必要となります。
このように、産業廃棄物に対して処理を加え、産業廃棄物の状態を変化させることを中間処理といいます。 中間処理には、最終処分やリサイクルのための前処理という、重要な目的があります。


中間処理設備のご紹介

切断機


破砕機に直接投入出来ない大きさの廃棄物は、切断機で切断して破砕機に投入します。

破砕機


受け入れた廃棄物の再資源化、埋立て処理、焼却処理の前処理として破砕を行い、廃棄物の適正処理を図ります。

ページ上部へ戻る